2020年2月20日~3月1日「絡果と浮砂」張晨雪/程嘉琳

「絡果と浮砂」張晨雪・程嘉琳 二人展
ー絡み合う果実と浮き漂う砂ー

張 晨雪/Chenxue Zhang
人類が誕生して以来、自我統合ヘの道は矛盾に満ちており、エゴとスーパー・エゴの二重螺旋は永遠に交わり続いていく。内面の葛藤を原動力として、精神の核は絶えず絡み合う果実を産む。これから私達は、どのような未来ヘ導かれるのだろう?
出展作品:『至福の深淵』シリーズイラストレーション、画集『-果-』
程 嘉琳/Jialin Cheng
今日、情報の波のなかで真実と存在の境目は徐々に曖昧化される。人の存在もまた、ぼんやりと流れるイメージへと変化する。主から開放された記号と文字はネットワークの中に漂い出す。その時、ポストボディなスペクタクルはどのような顔を見せるのだろう?
出展作品:アニメーション『ここに、誰かいたかもしれない』、シリーズイラストレーション

絡果と浮砂 south
絡果と浮砂 south
絡果と浮砂 south

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!